第八回 CTF for GIRLS (ワークショップ) 開催のご案内

第八回ワークショップでは、CTFの中でもフォレンジック分野を重点的に取り組みます。CTFの中でも特にフォレンジックに興味がある人はぜひご参加ください。

※CTF(Capture The Flag)とは、コンピューターセキュリティ技術を競う競技のこと。

日時 2017年12月15日(金)19:00~21:00 (入館受付開始は18:30です。)
会場 株式会社富士通ラーニングメディア 品川ラーニングセンター
住所 〒108-6112 東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟12階地図
参加条件 女性であること(自認されているかた含む)
参加費 無料
内容 フォレンジック 
※SECCON全国大会に向けた予選ではなく、ワークショップ形式の勉強会となります。
※2016年6月に行ったフォレンジック分野の講義を中心とした内容となっております。
※演習問題も2016年6月に行ったワークショップと同様になりますので、参加されたことのある方はご了承ください。
定員 約60名(応募者多数の場合は抽選となります。初めて参加する方を優先させていただきます。)

タイムテーブル
18:30~19:00 受付
19:00~19:05 開会の挨拶
19:05~19:45 フォレンジック分野講義
19:45~19:50 休憩
19:50~20:40 演習
20:40~20:55 解説
20:55~21:00 閉会・アンケート記入
持ち物

ノートPC(必須、ただし下記の条件を満たす必要があります)

  • 無線LANに接続できること
  • 演習環境(ワークショップ開催日1週間前後に配布予定)がインストール済みである事
    ※演習環境構築のため、ご利用PCのHDD空き容量は約20GB以上必要になります。

会場内は飲食可能です。お飲み物等は、予めご自身でご用意ください。

取材・撮影に関する注意事項

当日メディアの取材等があった場合、参加者を含む写真撮影やインタビューを実施することがあります。撮影は個人が特定できないなど配慮いたしますが、参加者は撮影・取材等についてはご自身で対策していただいた上でご参加ください。

問い合わせ先

CTF for GIRLS 応募・参加・取材に関する問い合わせは以下のメールアドレスにお問い合わせください。

ctf4girls@seccon.jp

CTF for GIRLS開催にあたり

高校生の時に情報セキュリティの世界に出会い、大学入学後本格的に情報セキュリティ技術を学び初め、今では情報セキュリティ分野の研究を仕事としている私がまず言えることしては「情報セキュリティ技術習得において男女に差は無い」ということです。しかし、現在の情報セキュリティ業界の偏った男女比から、情報セキュリティ技術に興味を持ったものの、社会的・心理的なハードルの高さを感じて、その習得を諦める女性が多いように感じられます。

そこで、情報セキュリティ技術に興味を持つ女性達が、気軽に技術的な質問や何気ない悩みを話しあうことが出来るコミュニティ作りを目的として「CTF for GIRLS」を企画致しました。「CTF for GIRLS」では、コミュニティ形成の一環として女性同士で情報セキュリティ技術を教え合うワークショップや、その他女性向けCTFイベントの開催を行っております。その「CTF for GIRLS」の第9回目の企画として6月16日(金)に女性向けCTFワークショップを開催致します。CTFを通じて情報セキュリティ技術の面白さを是非体験してみませんか?

CTF for GIRLS主催 中島明日香

運営メンバー
中島明日香 NTTセキュアプラットフォーム研究所 -
中島春香 慶應義塾大学大学院 -
小境彩子 NTTデータ先端技術株式会社 -
iRam - @666iRam666
加藤陽子 早稲田大学 @proton_yoko
Mari Sa - -
三原千穂 東芝デジタルソリューションズ株式会社
Y.OZAWA
FAQ(よくある質問)

Q1. 過去のワークショップに参加していなくても参加可能でしょうか?

A1. 参加可能です。過去のワークショップに参加していなくとも問題なく参加できるような内容になっております。

Q2. 年齢制限はありますか?

A2. ありません。

Q3. 子供が小さいため、一緒に連れていきたいのですが、子連れでの参加は可能でしょうか?

A3. 誠に申し訳ございませんが会場内に無料の託児スペースはご用意しておりません。

Q4. CTF for GIRLSで優勝したらSECCON全国大会に出場できますか?

A4. 当日のワークショップでは優勝を決める予選は実施しません。あくまでも勉強会です。

Q5. 会場を見学したいのですが?

A5. 大変申し訳ございませんが、一般の方の見学は受け付けておりません。